宛名

年賀状AC記事

年賀状の宛名書きのマナーあれこれ

年賀状を出すときには、宛名書きもしっかりとこだわりたいポイント。いくら文章や写真が素晴らしくても、宛名書きが間違っていては失礼に当たる場合もあります。

今回は年賀状の宛名書きについて、「住所」「名前」「会社関係者に送るとき」「書体」に分けて解説していきます。ぜひ最後までご覧いただき、年賀状の宛名書きを書く際の参考にしてください。

年賀状の宛名書きのマナー

最近の年賀状の宛名書きには、横書きが増えています。一見おしゃれで洗練されて見えますが、基本的には縦書きにしましょう。横書きが間違いというわけではありませんが、マナーとしては縦書きです。ただし、裏面(文章を書く面)が横書きの場合には、表面(あて名書きする面)も横書きにしましょう。マナーも大切ですが、裏表で統一されている方が受けても見やすく、見栄えも良いものとなります。臨機応変に対応しましょう。

また裏面に住所や氏名を記入した場合には、表面には記載しなくても問題ありません。連名で送る場合の氏名の順序ですが、「世帯主」⇒「配偶者」⇒「子ども(省略も可)」で書くようにしましょう。

なお宛名を書く際には、赤字は絶対にやめましょう。赤字での宛名書きは縁起が良くないとされています。十分に注意をしましょう。

住所の書き方のマナー

年賀状住所書き方

住所を書く際には、上下にある郵便番号の四角いマスを目安にしましょう。宛先は上側にある郵便番号の右端から書くようにし、差出人の住所や氏名は下側にある郵便番号の右端から書くようにします。郵便番号により、都道府県の記入がなくとも正確な住所に送られますが、年賀状の場合、都道府県の省略はマナー違反です。住所にマンションが入る場合には、マンション名の前で改行し、一段字下げをおこないます。住所の数字は漢数字が基本。英数字でも問題はありませんが、しっかりとした印象を与えたい場合には漢数字にこだわりましょう。

宛名を書く際には、住所よりも少し大きめの字で書き、どのような関係でも氏名の後に「様」を付けるようにします。いくら親しい関係でも、呼び捨てはよくありません。受け取った本人は気にしない場合にも、ご家族からの印象が下がってしまう場合もあるため、特別な事情がない限りは「様」を付けるようにしましょう。

差出人の住所を書く際には、宛名よりも一回り小さく書くこと。目安は下側の郵便番号の長さです。その幅の中に納まるように書きましょう。

名前の書き方のマナー

名前を書く際には、特に注意が必要です。まず大前提として、氏名の書き間違いを絶対にしないこと。手書きの方が丁寧な印象を受けますが、間違えてしまっては元も子もありません。手書きにしないといけないというマナーはありませんので、もし不安があればプリンターで印刷をしましょう。

特に間違えやすい点として、旧字体があります。たとえば「高木」さんなのか「髙木」さんなのか。他にも「斉藤」さんなのか「齋藤」さんなのか。書く側としては小さいことに感じられても、受けてからすれば大きな問題です。親しい間柄であれば気にしない場合もありますが、会社関係の場合には会社としてのイメージも下がりかねないため、十分注意が必要です。名刺やメールの署名などをしっかり確認し、間違いがないように書きましょう。

会社関係者に送るときのマナー

会社関係者に送るときには、親しい友人に送るときよりも注意が必要です。会社関係者の場合には、個人ではなく、会社同士でのやり取りになるため、少しの間違いが会社のイメージダウンにつながってしまうためです。そのため集中して書くようにしましょう。

会社関係者に送るときには、基本的に連名では送りません。会社により異なりますが、個人ごとに年賀状を管理する場合も多く、連名で送られた場合には誰が保管するか問題になってしまいます。そのためひとつの会社で複数名と付き合いがある場合には、それぞれに送るようにしましょう。

会社名を書く際には、住所よりも少し小さく書くようにしましょう。なお(株)という略称は使用しません。略しての記入は失礼にあたってしまうため、必ず「株式会社」と正式に書くようにしましょう。そして「株式会社」の表記が会社名の前につくのか、後につくのかも間違えやすいポイント。しっかりと確認しておきましょう。

個人名で送る際には氏名のあとに「様」を付けますが、部署宛ての際には「御中」を付けます。この点も間違えやすいため、送る前にも再度確認することがおすすめです。

書体のマナー

年賀状の宛名は筆文字で書くことが一般的でした。そのため基本的には、「楷書」「行書」などの毛書体で書くようにしましょう。しかし最近では「明朝体」や「教科書体」も頻繁に使われるようになりました。これらの書体は視認性も良いため、使用頻度も高くなっているようです。そのため明確なマナーというものはなく、好きなものを選んでも良いでしょう。ただし、あまりにも砕けた書体は選ばないこと。あくまでも一般的に目にする書体を選びましょう。

まとめ

今回は年賀状の宛名書きについて、「住所」「名前」「会社関係者に送るとき」「書体」に分けて解説しました。年賀状は内容ばかりに注意が行きがちですが、宛名書きもとても大切です。今回の記事を参考に、宛名書きを間違えないようにしましょう。

丑年なぜ年賀状には十二支の絵を使うの?十二支の謎!本当の干支とは?前のページ

何気なく使っている年賀状イラスト、それぞれどんな意味があるの?次のページ年賀状イラスト

関連記事

  1. 年賀状のお年玉くじ

    年賀状AC記事

    年賀状のお年玉くじについて

    出して楽しく、もらってうれしい年賀状。新年を迎えると、「年賀状…

  2. 年賀状トリビア

    年賀状AC記事

    誰も気にしないけど、知ったら誰かに話たくなる年賀はがきのトリビア!

    毎年当然のように受け取っている年賀はがきですが、そこにはいくつかのトリ…

  3. 丑年

    年賀状AC記事

    なぜ年賀状には十二支の絵を使うの?十二支の謎!本当の干支とは?

    毎年年賀状を書こうとするときに、一番に思い浮かべるのが来年の干支のこと…

  4. 年賀状の国際郵便

    年賀状AC記事

    年賀状を海外にも出したい!国際郵便での出し方や外国の方への年賀状の書き方

    年賀状には、普段なかなか会えない友人、知人との関係を繋いでくれる役割…

  5. 年賀状

    年賀状AC記事

    年賀状の挨拶は何を書く?


    年末が近づくにつれ悩むのが、年賀状の挨拶の内容ではないでしょうか。…

  6. 喪中に年賀状をもらったとき、出すときの基本マナー

    年賀状AC記事

    喪中に年賀状をもらったとき、出すときの基本マナー

    喪中の時、来年の年賀状はどうしようと思ったことはありませんか?また、喪…

  1. 牛

    年賀状AC記事

    自然災害や不幸な出来事のあった年に適した挨拶とは?
  2. 知っているようで知らない?やってはいけない年賀状のNGあれこれ!

    年賀状AC記事

    知っているようで知らない?やってはいけない年賀状のNGあれこれ!
  3. 年賀状

    年賀状AC記事

    年賀状の挨拶は何を書く?

  4. 年賀状

    年賀状AC記事

    元旦以降に受け取った年賀状はいつまでに出す?
  5. 宛名

    年賀状AC記事

    年賀状の宛名書きのマナーあれこれ
PAGE TOP